乳腺外科の医師のデメリットは?

乳腺外科求人TOP >> FAQ >> 乳腺外科の医師のデメリットは?

乳腺外科の医師のデメリットは?

乳腺外科の医師として働くにあたり、メリットだけでなくデメリットが気になっている方も少なくないでしょう。求人を探すうえで、病院やクリニックのメリットだけを知っていてもあまり役に立たないからです。というのも、どんな場所でもメリットがあればデメリットもあるからです。ですから、乳腺外科の医師の求人を探している方は、どんなデメリットがあるのかも知っておくこと安心でしょう。

乳腺外科のデメリットといってもさまざまですが、もっとも大きいのが『精神的に辛い』ことと『仕事がハード』なことが挙げられます。乳腺外科ではその名のとおり乳房に関わる病気の治療や手術を行いますから、女性患者が中心になります。乳房は女性にとってとても大切な場所ですから、精神的に辛い思いをしている方が多く、非常にデリケートな問題です。乳がんで命を落とすケースも多く、若い女性で乳房を失い辛い思いをしている人を見る機会が多くなります。またそういった患者さんに親身になって対応することが求められますから、どうしても精神的に参りやすいといわれています。乳腺外科は、何も外科的な業務のみをこなすわけではありません。時に内科的な業務もこなし、患者さんのメンタル面もしっかりケアしてあげなければいけません。そういった精神的な辛さが、大きなデメリットになるといわれています。患者さんと同じように落ち込んでしまうという方には厳しい職種かもしれません。それに立ち向かえる精神的な強さが求められるのが乳腺外科の医師です。これは看護師も同様でしょう。

次に仕事がハードということですが、これは乳腺外科の医師に限ったことではありません。一般的に、医療関係の仕事は業務がハードで知られています。病院によって変わりますが、ほとんどの場合激務と考えておいたほうが良いでしょう。土日祝日が休みになるところが多いのが救いですが、急患が入れば当然休みは返上することになります。また、残業や夜勤なども当たり前です。精神的にハードであり、体力的にもハードなのが乳腺外科の医師です。

しかし、乳腺外科の医師にはメリットもあります。それは、外科的・内科的・メンタル面などさまざまな経験ができることです。そのため、知識やスキルが上がるのはこの職種のもっとも大きなメリットになります。デメリットだけを見てしまうと『続かないかもしれない』と心配になるかもしれませんが、学ぶことも多い職種ですのでやりがいを感じやすいでしょう。

乳腺外科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 乳腺外科の医師募集ナビ All Rights Reserved.