乳腺外科の医師の面接対策は?

乳腺外科求人TOP >> FAQ >> 乳腺外科の医師の面接対策は?

乳腺外科の医師の面接対策は?

乳腺外科の医師の求人数は、乳がんの発症率が増加傾向にあること。若い年代を中心に発症者が増えてきたこと。他にも発見が遅れることによって、死亡率が増加傾向にあること。早期発見こそが、乳がんから生還するための最も良質な条件であるため、専門性の高い乳腺外科医の需要が高まっている状況にあるということです。こういったことから、転職市場では売り手市場の傾向が強く見られているものの、よりより転職先へと転職を成功させるためには、しっかりとした面接対策などを行なっていく必要があります。

基本的にはやはり面接対策云々の前に、乳腺外科医としてどのくらいのスキルと知識を有しているのかが重要になります。転職を希望している医療機関などが設定している条件をクリアしているのかどうかをしっかりと確認しておきましょう。その上で面接では、どのような乳腺外科医としてのキャリアパスを描いているのか、どうしてその医療機関を選択したのかなどをしっかりと表現していくべきなのです。

また、乳腺外科の医師の需要傾向としては、男性の乳腺外科医よりも、女性の乳腺外科医の需要が高くなっています。女性の需要が高いのは、その診療科の部位の特性上仕方ないことといえるでしょう。患者さんの中では、やはり医師とはいえ、異性に自身の乳房を見せたり、触診されたりするのには抵抗があるという方が多いですからね。女性の医師ならば、どこでも両手を挙げて受け入れてくれるのかといえば、そういった医療機関とそうではない医療機関が存在しているということを覚えておきましょう。

女性のドクターの場合には、基本的には仕事と家庭の両立をどのように考えているのかなどを明確化させておく必要があるでしょう。面接の場面でも、採用側は非常に気になるところではないでしょうか。旦那さんはどういった仕事をしているのか、出張が多い仕事なのかどうか。独身の場合でも、後に結婚や出産の予定や希望といったものがあるのかどうかといったことを面接の場でしっかりと明確化しておきたいところですね。

このように女性のドクター特有のキャリアパスはもちろんですが、ライフプランにまで面接では突っ込んで聞かれる可能性も高いですから、定着率の高さを示すためにも、様々な条件をしっかり受け答えられるように準備をしておくとよいでしょう。乳腺外科の場合、条件面に考慮されている案件は多いですが、あまりにわがままな要求をすると、どこも引き取り手がないという状況にも陥ってしまうのです。

乳腺外科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 乳腺外科の医師募集ナビ All Rights Reserved.