地方都市の乳腺外科の医師求人は?

乳腺外科求人TOP >> FAQ >> 地方都市の乳腺外科の医師求人は?

地方都市の乳腺外科の医師求人は?

医療関係の求人は都心が目立ちますが、地方都市でも多くの求人を行っています。それは乳腺外科の需要が高まってきているからです。近年、乳がんによる死亡率が増加傾向にあるといわれています。それまではそれほど知名度の高くなかった乳腺外科は、乳がん患者が増えたことで一気に求人が増えました。以前まで乳房に関わる病気の治療や手術は産婦人科を受診される方が多かったのですが、乳腺外科の知名度が高くなってからは乳腺外科を受診する型がどんどん増えてきています。そのため、地方都市でも求人は絶えません。都心に比べると数は決して多くありませんが、地方都市でも十分乳腺外科の医師として活躍することができるでしょう。

地方都市の乳腺外科の医師求人で求められやすいのは、『マンモグラフィー読影認定医の資格』を持っている方です。というのも、乳腺外科ではマンモグラフィーを扱うことが多く重要性が高いからです。もちろん乳腺外科の医師としての資格があれば応募できます。病院やクリニックによって重視している資格が違いますので、一度求人内容をチェックしてみてください。主な募集先は大学病院や総合病院などですが、健診や人間ドッグの施設などからの求人もあります。近年増えている専門クリニックでの募集も多いでしょう。専門クリニックでは女医や女性スタッフ中心で行っているところもありますので、女医としてスキルアップしたい方にはオススメです。

地方都市における乳腺外科の医師求人の年収は、都心よりも少し劣ります。それでも地方都市ですから、地方の中核病院の求人に比べると平均年収は高いでしょう。1000万円以上のところが多いので、乳腺外科の医師としてしっかり稼ぎたいという方にもピッタリです。また地方都市ということで、医療機器が充実しているのも特徴です。都心同様、地方都市でも乳腺外科求人のニーズがどんどん高まってきていますから、厚生労働省『必要医師数実態調査』でも現員の医師数は700人以上。求人の倍率も約2倍と確実にニーズは増えているでしょう。そのため、求人でも勤務条件が好条件なところが多くみられます。

ただ、乳腺外科の医師のニーズが高まっている反面、激務のところも増加傾向にあります。基本的に週4〜5日のところが多いですが、急患が入れば休みの日でも出勤することになります。突然休みがなくなることは当たり前ですので、どんなに条件の良い求人でも『万が一のこと』は念頭においておきましょう。

乳腺外科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 乳腺外科の医師募集ナビ All Rights Reserved.