乳腺外科の医師は男性は不利?

乳腺外科求人TOP >> FAQ >> 乳腺外科の医師は男性は不利?

乳腺外科の医師は男性は不利?

乳腺外科の医師は、男性が不利になりやすいといわれています。それはなぜでしょうか?乳腺外科は、読んで字のごとく乳房に関する病気の手術や治療を行う病院です。乳房の病気は女性特有ですから、どうしても患者さんの多くは女性になります。そのため、医師も女性が増えており、どうしても男性が不利になりやすいといわれているのでしょう。もちろん、乳がんになるのは女性だけではありません。男性でも発生する可能性は十分あり、その場合乳腺外科を受診することになります。男性の場合、やはり女性の医師よりも男性に診てもらったほうが安心します。ですから乳腺外科の医師には男性も必要不可欠ですが、女性に多い病気であるため、どうしても男性の医師は不利になってしまいます。

詳しい業務内容を見てみると、手術はもちろんのこと内科的な診察の仕事も行います。女性の患者さんが多く女性特有の病気の治療を行っていることから、婦人科の知識やスキルも求められます。マンモグラフィーやMRIなど放射線科の業務をこなすのも乳腺外科の医師の特徴です。女性の患者さんが多いためどうしても女性の医師のほうが有利になりやすいですが、手術に関しては腕の高い人が重視されますから、男性が完全に不利になることはないでしょう。取り扱う病気が乳房であるため、どうしてもそのように思われやすいのかもしれません。

このように、男性医師も必要であることが分かります。しかし、女性患者が求めるのはほとんどが女性医師です。やはり、直接胸を見られるわけですから、男性医師ですと抵抗がある方が多いからでしょう。女性医師なら安心して診てもらえますし、相談もしやすくなります。そういった理由から、近年は特に乳腺外科の女性医師が増えてきています。よって、求人も女性の応募を見かけることが多くなりました。なかでも女性に嬉しいのが女性ならではの待遇です。女性は結婚や出産、育児などで長期休暇が必要になる場合があります。女性医師歓迎の求人では、そういった女性に嬉しい待遇を行っているところもありますので、女性の方で乳腺外科の医師を目指している方はぜひチェックしてみてください。

もちろん、女性医師の需要が高いとはいえ、そればかり優先してしまうのは限界があります。妥協すべきところは妥協し、働きやすい病院を探すことが大切です。

男性が不利になりやすいのは、あくまで取り扱っている病気が女性中心だからでしょう。決して男性は乳腺外科の医師になれないわけではありませんので安心してください。

乳腺外科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 乳腺外科の医師募集ナビ All Rights Reserved.