乳腺外科の医師のやりがいは?

乳腺外科求人TOP >> FAQ >> 乳腺外科の医師のやりがいは?

乳腺外科の医師のやりがいは?

乳腺外科に限らず、外科医にとっての一番のやりがいは『自身の手で手術をし治すこと』にあるといいます。もちろん医師によってどんなことにやりがいを感じるのかさまざまですが、患者の病気が自分の手術によって回復しているのはとても大きなやりがいとなりやすいでしょう。もちろん、患者の病状が良くなっていくことだけがやりがいに感じるわけではありません。乳腺外科は、外科的業務と内科的業務をこなすため、さまざまな知識とスキルが必要になります。そのため、仕事をしながら多くのことを学ぶことができます。近年では乳がんの発見や治療がメイン業務になっていますが、マンモグラフィー検査や超音波の乳腺エコー検査なども行います。ひと口に乳腺外科の業務といってもさまざまですから、どんどん知識やスキルを吸収し、やりがいを感じやすいでしょう。

また、患者からの『ありがとう』『先生で良かった』といった言葉にもやりがいを感じる医師が多いといいます。乳房の病気は女性にとってとても深刻ですから、回復し患者の笑顔を見たときは『この仕事をやって良かった』と実感しやすいのでしょう。とても過酷な職種ではありますが、こういったやりがいを感じられるのは乳腺外科医ならではです。そのため、働くうえでメリットも多くなります。やはり女性の患者が多いですから、女性ならではの視点でケアできること、乳がんに関する知識がつくなどが挙げられます。特に乳がんは命と隣り合わせの病気ですから、携わることで自然と知識やスキルが身につくというメリットがあります。

さらに、乳腺外科の医師は精神的なアドバイスも必要不可欠になります。それは、乳腺外科に来られる方は深刻な悩みを抱えている方が多いからです。特に乳がん患者には的確な方法でメンタル面をサポートする必要があります。そのため、外科的・内科的な知識や技術だけでなく、精神的なサポートも身につくでしょう。

このように、さまざまな経験ができるのも乳腺外科医のやりがいのひとつです。また1人の患者と長期に渡りじっくり向き合いますから、回復していくのが実感でき、喜びも感じられるでしょう。よって、乳腺外科医は非常に多くのやりがいを感じられる職種といえます。乳腺外科は、医師だけでなく看護師の求人もとても人気があり、毎月多くの募集が行われています。病院やクリニックによって特徴は異なりますが、どの病院でも多くのやりがいを感じられるでしょう。

乳腺外科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 乳腺外科の医師募集ナビ All Rights Reserved.