乳腺外科の医師に必要なスキルは?

乳腺外科求人TOP >> FAQ >> 乳腺外科の医師に必要なスキルは?

乳腺外科の医師に必要なスキルは?

乳腺外科という診療科の医師として、転職市場において求められるような人間になりたいと思っている場合には、やはり乳腺外科医として必須とされているスキルを身につけておくべきでしょう。乳腺外科という診療科は、女性特有の疾患に特化した診療科になります。乳腺外科医として転職を実現させ、医師として活躍していくためには、基本的には専門医になるくらいの高いスキルと知識を身につけておきたいところですね。乳腺外科に関しても専門医制度が存在しています。

乳腺外科というものは、何気に広範囲の知識とスキルを求められるものです。外科の要素も必要ですし、検診などによって乳がんなどの特定をするための内科的な知識やスキルも必要。更には、これにプラスして実際に検診などで用いるマンモグラフィーなどの放射線科の知識やスキルといったものも必要になってきます。そして当然に女性の患者さんがターゲットになりますから、婦人科の知識とスキルを必要とされるわけです。

このように複数の診療科の知識とスキルを要求されるのが、乳腺外科という診療科になります。それぞれの要素を考えていくと、専門性を高めれば十分に一流のドクターとして認められるものばかりです。これを高いレベルで幅広く有している必要があるわけですから、何気に乳腺外科として認められるのは、かなり困難を極めるといっても過言ではないでしょう。何気にレジデントの時点から方向性を決めてその道を目指さないとなかなかに認められないのが乳腺外科という診療科なのです。

レジデントでは研修を行なっていきますが、これを乳腺外科を選択しクリアしたとしても、乳腺外科の専門医の資格を取得することは出来ません。乳腺外科の専門医の場合には、最低限5年以上の研修を受けなければならないといったルールが存在しているのです。こういったことから、他の診療科よりも、一人前として、プロフェッショナルとして認められることが難しい診療科といえるでしょう。

逆に乳腺外科の専門医資格を有しているということだけでも、かなり高いスキルと知識を有しているという風に判断されると言ってもよいでしょう。大学卒業の時点から、乳腺外科を目指し、スムーズにキャリアを積んだとしても、最低でも6年は掛かるとされているのが乳腺外科の世界です。大学6年間を経て24歳。それから6年間を考えると30歳。遅咲きという状況ではありますが、それからでも十分に活躍でき、転職市場でも引っ張りだこになるのが乳腺外科の世界なのです。

乳腺外科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 乳腺外科の医師募集ナビ All Rights Reserved.