乳腺外科の医師の募集時期は?

乳腺外科求人TOP >> FAQ >> 乳腺外科の医師の募集時期は?

乳腺外科の医師の募集時期は?

乳腺外科の転職市場を見てみると、非常に多く見られている傾向があります。これはやはり乳腺外科という診療科の特徴として、患者さんの対象が女性であるということです。そこで自然とそれを診察するドクターも女性が望ましいという考えがあり、女性特有のライフスタイルの影響で、人材の出入りというものが激しい診療科であるという特徴を持っているものなのです。ですから、募集時期というものを基本的には考えなくても、一定数の求人を見つけることが可能なのです。

女性の人生において、外せないのが結婚や出産というイベントでしょう。どういった男性と結婚をするのかにもよりますが、基本的に出張が多いような仕事の場合には、それについていくことを余儀なくされてしまうものでしょう。それにプラスして、経済力の高い男性と結婚をした場合、厳しくて大変であるドクターを続けていくことを選択する女性ドクターは少ないといえるのではないでしょうか。ですから結婚や出産を機に離職をしてしまうというケースが多いのです。

更に医学部を卒業出来る年数が4年から6年に増えたこと。その後2年間のレジデント期間があるということから、基本的には26歳で乳腺外科医としてのキャリアをスタートさせることになるわけです。これで結婚といったものを考えた場合、結婚適齢期というものを大幅に見ても活躍出来る期間というのは、10年未満ということになるわけです。こういったことから、非常に入れ替わりの激しい診療科としても知られています。

逆に人材不足の傾向があり、逆に需要が高まっていることからも、転科転職のドクターでも積極的に受け入れたり、ブランク明けのドクターを受け入れるといった傾向が見られています。更に離職をしないように出産のための休暇や育児のための休暇制度をしっかりと設けているような医療機関が多く見られています。ここまでしても人材不足があることから、基本的に一年中どのようなタイミングでも求人と巡り合うことは可能でしょう。

一年中募集されている傾向が高い乳腺外科の医師の求人ですが、特に結婚される男女が多い7月前後の求人が目立ちます。他にもキリがよいということから、年度替わりの時期とボーナス支給後の時期といったタイミングでは、何気に求人が他の月よりも増加している傾向が見られています。こういったタイミングであれば、人材補充も急を要する傾向が高いため、いつも以上に高い待遇面などを提示されているケースも少なくないのです。

乳腺外科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 乳腺外科の医師募集ナビ All Rights Reserved.