乳腺外科の医師の仕事内容は?

乳腺外科求人TOP >> FAQ >> 乳腺外科の医師の仕事内容は?

乳腺外科の医師の仕事内容は?

乳腺外科への転職に興味を抱いていらっしゃるドクターの中でも、乳腺外科という診療科の経験がないドクターであれば、乳腺外科はどういった仕事を行う診療科なのかということを知りたいと思っている方が多いのではないでしょうか。特に女性のドクターの場合には、待遇面が他の診療科よりも優遇されているケースが多いですから、転科をしてでも転職をすることも選択の1つとしておくべきでしょう。

乳腺外科のドクターの仕事内容としては、外科的なオペの仕事は当然ですが、内科的な診察の仕事も存在しています。更には婦人科の知識とスキルを必要としますし、マンモグラフィーやMRIといった放射線科の医師の守備範囲のスキルや知識を必要とされ、こういったものを活かした仕事が山のように存在しています。特に近年では、放射線科分野の知識とスキルを活かした検診系の仕事内容にウェートが置かれている傾向が見られているのです。

こういったものが顕著に見られているのは、乳がんという病気の特性上、早期発見こそが何よりもその後の人生を明るくする条件だからです。がんという病気には、その進行状況によってステージ分けをすることが一般的ですが、乳がんの場合、初期段階であるステージ1の状況であれば、生存率は90パーセント以上になっているという事実があるのです。こういったことから、婦人科をメインとした病院やクリニックなどに、婦人系の疾患の全てに対処が出来るということをウリにしている医療機関も登場し、そういった中で乳腺外科の需要が高まっています。

とにかく早期発見こそがこの病気への治療の第一歩であるという考えから検診系の仕事内容が自然と多くなっているというのは、ごくごく自然なことなのです。乳腺外科外来で健康診断で怪しいと判断された患者さんをより詳しく診察するといった仕事もあります。その上で必要であれば、MRIなどのより詳細な検査を行なっていきます。更にここでがんが発見された場合、オペを選択するのか、違った治療を行なっていくのかを選択していきます。

乳がんの手術の場合、場合によっては、摘出範囲が広範囲に渡ることもあります。ですから、形成外科医と相談などをし、患者さんのQOLを考えたオペ手法で実際の手術を行なっていくことも、乳腺外科医の大事な仕事の1つになります。総合病院であれば、同じ病院内の形成外科医。そういった状況でなければ、近隣の形成外科医との関係性を築いておくことは大事な仕事になるといえるでしょう。

乳腺外科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 乳腺外科の医師募集ナビ All Rights Reserved.